博多長浜ラーメン武骨 静岡市駿河区 麺や厨の超濃厚豚骨ラーメン

静岡市駿河区のラーメン武骨

JR東海道線静岡駅より車で9分、東名静岡インターからは2分の場所にあるラーメン店。

エスポットの南側になります。

麺や厨の新店ですが、新しい味で勝負するらしく博多豚骨ラーメンがメインになります。

麺や厨といえば、鶏をメインにしたラーメンが有名ですが、最近新しい味のお店がいろいろ出てきました。

藤枝の中華そば厨も黒豚のラーメンを提供していましたからね。

ラーメン店としては国吉田の麺や厨長泉町のくりや製麺直売所藤枝市の中華そば厨ららぽーと沼津の麺や厨に続いての出店。

勢いが止まりません。

お店の近くには魁力屋があり、こちらは店主さんの修行先である京都からやってきたラーメン店。

頑固おやじの店として有名なとんかつ宇田川もあります。

エスポットの駐車場南側出口からも歩いてすぐなので、買い物ついでに行くのもいいかもしれません。

武骨といえば、東京の麵屋武蔵グループのお店も武骨。

関係はないと思われます。

駐車場は店の前に10台ほどあります。

店頭には店主がスープをかき回す後姿が。

オープン初日だったせいか、店内には従業員の方も多数いました。

藤枝店の中華そば厨で見かけた方々もちらほらと。

店内入ると右側にアイスが売っていました。

アイスはあまり買わないので値段がよく分かりませんが、全品100円って安くないですか?

店内は黒を基調とした落ち着いた雰囲気のつくり。

レトロな壁掛け時計がいいですね。

カウンター席とテーブル席あり。

厨房内では店主さんが店頭にあった看板のようにスープをかき回しています。

かなりの重労働のようで、スゴイ汗かいてました。

ラーメン武骨のメニュー

主なラーメンは博多長浜ラーメンと醤中華そば。

野菜入りや特製、チャーシューメンなどもあります。

サイドメニューもチャーシュー丼など豊富なラインナップ。

トッピングのトロ軟骨チャーシュー一本乗せも気になる。

キッズラーメン100円とか、無限替玉250円ってスゴイ。

いろいろ迷ってしまいます。

博多長浜ラーメン+半ライス+背徳アブラめし+替玉

ランチタイムは半ライス無料。

ラーメンのトッピングはネギ、きくらげ、チャーシュー、のりなど。

スープを一口飲むと

うわ、何だこの濃さは

唇にまとわりついてくるスープ。

コラーゲンタップリでお肌にも良さそう。

純国産黒豚骨を72時間煮込んだ秘伝濃厚呼び戻しスープなのだそう。

これだけ濃厚なのに臭みが全くないというのがスゴイ。

丁寧に作られているのが分かります。

博多で長浜ラーメンもいろんな店で食べてきましたが、こんなに濃いお店はなかったかと。

久留米の豚骨ラーメンにも少し近いかもしれません。

静岡県内ではトップクラスの豚骨ラーメンの濃度。

京都の無鉄砲福岡のあなたの心を鷲掴みが頭をよぎりました。

いやはや驚きです。

細ストレート麺は加水率低めでパツンとした食感。

こちらは予想通りでした。

卓上の調味料が豊富でいろいろ入れられます。

紅ショウガ。

辛子高菜。

自家製マー油。

刻みニンニク。

激辛食べるラー油。

秘伝タレ。

ゴマなど。

これによって最後まで飽きることなく食べられます。

特に辛子高菜が結構おいしくてたくさん食べちゃいました。

背徳アブラメシはその名の通り背徳感タップリのもの。

アブラとご飯、いいですね~

ご飯をかき込み、スープを飲みます。

ここでスープを飲み過ぎてしまうと替玉を頼むとき困るので注意が必要。

半ライスも同じようにして食べ進みます。

替玉は注文すると丼に入れてくれます。

丼をお店の方に渡すことなく、席まで持ってきてくれる仕組み。

激辛食べるラー油も美味しいな。

最後まで飽きずに食べられ大満足。

スープはいろいろ調整中とのことでした。

更に濃くなるのか、もうちょっと食べやすい方向になっていくのか、しばらく目が離せません。

それにしてもこのスープの濃さには本当に驚いたのでした。

さらに驚いたのは、今後夜中2時まで営業時間を延ばす予定があるそうです。

ラーメン武骨の営業時間、定休日など

※訪問時のものです

営業時間(しばらくの間)

11:00~15:0018:00~21:00(平日)

11:00~21:00(土日祝)

定休日なし(燃え尽きたら臨時休業あるかも)

最新情報をチェックしよう!