最強コスパのノスタルジック町中華でラーメンチャーハン 吟月 静岡市

静岡市葵区伝馬町の吟月

JR東海道線静岡駅より徒歩7分、新静岡セノバと静岡駅の間くらいにある中華料理店。

正確な創業年は分かりませんが、かなり前からここにお店があります。

店の外からは新静岡セノバも静岡駅も見えるので、かなりいい立地。

家賃も高そうです。

看板のビニールシートが新しいのが残念。

昔は赤でした。

以前も来たことがありますが、以前は店頭にどくろが置いてありとてもヤバそうな雰囲気でした。

現在はなくなっています。

と思ったらイタ~

服着てたから分からなかった。

マスクもしてたのかな?

店内に入るとカラフルな紙に書かれたメニューが壁いっぱいに貼ってありました。

これは以前と同じだ!

相変わらずノスタルジックな雰囲気がたまらない。

厨房内にはおじいちゃんとおばあちゃん。

年季が入った厨房です。

カウンター席のみの店内はL字型になっていて、左奥に座るとその手前に座った人は出入りのたびにどかなければなりません。

卓上の調味料に食べるラー油とふつうのラー油2種類がありました。

お客さんは学生っぽい人からおじいちゃんまで様々。

おばあちゃんがお客さんのおじいちゃんにいろいろ気を遣っていました。

女性一人では入りづらい雰囲気かな。

吟月のメニュー

ラーメンだけで10種類以上、餃子、チャーハン、野菜炒め、各種定食など中華料理店ならではのメニューの多さ。

このほかにも店内にいろいろ書いてあるので、実際いくつメニューがあるのか正確には分かりません。

セットメニューもいくつかあり、野菜炒め丼+醤油ラーメンは何と650円。

これ前回は600円だったんですよね。

こんな家賃の高そうな立地でこの最強なコスパ。

本当に恐れ入ります。

ラーメンチャーハンセット

半チャンでなないところがポイント。

けっこうなボリュームです。

トッピングはチャーシュー、なると、のり、ネギ、メンマなど。

スープは見た目は濃そうな感じもしますがあっさり醤油味。

油が浮いていてけっこうアツアツです。

最初からコショウが入っているようでややスパイシー。

先日お邪魔したとんとんのラーメンもスパイシーでした。

細ちぢれ麺は柔らかめの仕上がり。

加水率高めでモチモチしています。

途中でラー油を入れてみましたが、これけっこうな辛さ。

市販されているものとは違うので注意が必要。

少し入れたらかなり辛くなりました。

チャーハンは紅ショウガが添えられグリーンピースやたまご、かまぼこ、チャーシューなどが入っています。

やや濃い目の甘めな味付けで、ビールが飲みたくなります。

食べ終わって店を出る時、冒頭で話した一番奥の席に座ったので、その手前にいたお客さんに「すみません、出させてください」と話したところ、お店のおじいちゃんが「ちょっと協力してあげて、お尻触らないでね」なんて言っていて面白かったな。

お客さんも「さわっちゃうかもしれない」などと言っていました(笑)

私も男にケツ触られたくないです(笑)

以前夜来た時はビール飲んで野菜炒め丼とラーメンを食べたんですよね。

町中華でやろうぜに出てきそうなお店。

若い人から年配の人まで幅広い年齢層の地元の方々に愛されている素敵なお店なのでした。

値段が安いので若いお客さんもけっこう来るようです。

わたしはこういう雰囲気のお店が大好物なので、こんな感じのお店があるよとコメントをいただけると助かります。

吟月の営業時間、定休日など

関連ランキング:ラーメン | 新静岡駅静岡駅日吉町駅

最新情報をチェックしよう!