伊駄天静岡店 静岡市葵区 本当は教えたくない激うまラーメン店

静岡市葵区の伊駄天静岡店

JR東海道線静岡駅から徒歩5分、静岡駅からまっすぐ伸びた御幸町通りにあるラーメン店。

一時は支店が西焼津などいくつかありましたが、現在は焼津の本店と静岡店の2店舗になっています。

以前は藤枝郵便局の前のラーメン長屋に1店舗のみで、静岡にもこんなにすごいラーメン店が出来たんだとビックリして、よく通っていました。

店主さんはイタリアン出身で、ラーメンの色んなところにその頃の影響が見られました。

次々に今まで見たことも食べたこともないようなラーメンを提供していて、静岡のラーメン店のレベルが上がったんだなと思っていました。

私もこのころは毎月のように東京にラーメンを食べに行っていて、最先端のラーメンはよく食べていたつもりでした。

その頃店主さんは東京の立川市にあるラーメンスクエアで行われたラーメントライアウトに出場し、何と優勝してしまったんですよね。

あの時は本当にビックリしたし、とても嬉しかったのを覚えています。

その後期間限定で東京に出店していました。

私も何度も食べに行ったのを覚えています。

そして一時期は静岡店の1店舗のみになりましたが、現在は焼津に本店があります。

静岡店は昔朝ラーメンを提供していたことがありました。

で、この日久しぶりに静岡店に行ってみると、店頭にいたのは以前西焼津店などを任されていた小林さん。

何年かぶりにお会いしたので、お互い顔を見合わせちゃいました。

現在は静岡店勤務なのだそうです。

店内に入るとすぐに券売機があります。

店内も外観同様黒が基本になっていて落ち着いた雰囲気。

女性でも入りやすい雰囲気になっています。

カウンター席、テーブル席など合わせて24席あります。

ちなみに、静岡市ラーメンで検索すると、伊駄天静岡店が食べログで人気No.1になっています。

伊駄天のメニュー

主な味は醤油、塩、味噌があり、それぞれトッピングが豪華な特製があります。

つけ麺は醤油、塩、味噌、辛いものがあります。

サイドメニューは餃子、唐揚げ、唐揚げ油淋鶏ソース、フライドポテト、揚げ春巻き、チャーシュー丼などがあります。

サイドメニューだけでお酒が飲めそうなラインナップです。

醤油ラーメンと餃子

提供された時点で鶏の香りがたまらなくて美味しいのが確定しています。

トッピングはチャーシュー、味玉、ネギ、メンマなど。

スープは丸鶏が基本で鶏油が浮いていていい香りがします。

昔から化学調味料不使用の体に優しいラーメンです。

飲んでみると醤油の奥深い味わいと鶏の美味しさが印象に残ります。

ややオイリーではありますが、鶏の旨味がよくでていてそこに魚介系が加わることによりゴクゴク飲めちゃうスープになっています。

ストレートの細麺は自家製麺。

けっこう前から自家製麺なんですよね。

加水率は低めでパツンとした食感。

小麦の風味も感じられます。

表面はなめらかでつるつるっと啜れます。

チャーシューは柔らかくてジューシー。

噛めば噛むほど味が出てくる感じです。

味玉は中心部分が半熟でとろける美味しさ。

味がなじんでいてとても美味しい。

メンマはコリコリとした食感で控えめな味付け。

スープの邪魔をしないよう配慮がされています。

餃子は6個になります。

まずは酢コショウでいただきます。

孤独のグルメを見てはまっている食べ方です。

皮はモチモチ感とパリパリ感が同時に感じられ、野菜が比較的多めかな?

甘みがあり浜松餃子に近いかもしれません。

久しぶりでしたが、スープのキレと麺とのバランスはさすがでした。

完成度の高いラーメンです。

メニューにある季節限定のラーメンも見逃せません。

これ、私も何度も食べていますがかぼちゃのラーメンなどメチャクチャ美味しいです。

駅から近いというのが嬉しいですよね。

あと週末は通し営業というものありがたいです。

飲んだ後のしめのラーメンとしてもギリギリ間に合いそうです。

常に期待を裏切らない安定した美味しさのラーメンでした。

次回はつけ麺も食べてみたいと思ったのでした。

最新情報をチェックしよう!