フードコート最強豚骨ラーメン 博多屋台ラーメン 介っち 浜松市

静岡県浜松市浜北区サンストリート浜北内の博多屋台ラーメン 介っち

遠州鉄道浜北駅より車で6分、国道152号線沿いにあるサンストリート浜北内にオープンしたラーメン店。

介っちの店主さんは浜松市内などに関連店が数店舗ある「僕家(ぼくんち)のラーメンおえかき」の但田さん。

介っちの厨房内にいるのは福岡市博多区で以前ラーメン店を経営していた堂本さん。

岡山県内の商業施設で同時期に出店していましたが、コロナ渦の影響で2店とも撤退しました。

そんな縁もあり、今回サンストリート浜北内にお店をオープンすることになりました。

介っちの隣に店を構えるのは「中華そば楽描(らくがき)」。

中華そば楽描 人気ラーメン店おえかきが浜北サンストリートに出店 静岡県浜松市

そちらの経営も但田さんになります。

先日掛川にお店がオープンしたと思ったら、今度は再び浜北です。

僕家のらーめん らくがき 静岡県掛川市 しおにぼとんラーメン

すごい勢いです。

サンストリート浜北は巨大なショッピングセンターで、駐車場もかなりあるので、心配はいりません。

フードコート内には他にもお店が多数あり、いろいろ選べます。

席数もかなりあるので、こちらも心配はいらなそうです。

お店にはのれんがかかっていました。

博多の屋台みたいです。

厨房内を見てビックリ。

何と羽釜でスープを焚いていました。

店主さん曰く「フードコート内で羽釜を使ってスープを焚いている店は日本初じゃないかな」とのこと。

写真も撮ってってとのことで、撮らせていただきました。

すけっちのメニュー

ラーメン     680円

ヒノマルラーメン 750円

替玉       150円

サイドメニューでやきとり、手羽、ウインナー、明太めし、かしわめしなどがあり、お得なセットメニューもいくつかあります。

火の丸ラーメンには火の丸(辛旨ダレ)が入ります。

九州地方では昔から鶏肉のことを「かしわ」と呼んでいて、細かく刻んだ鶏肉や野菜、干ししいたけをご飯に炊き込んだものがかしわめしになります。

ラーメンの呪文があり、あぶら加減、麺の硬さ、ネギの量などの好みを聞いてくれます。

紅ショウガやラーメンのたれ、ごま、コショウなどが店舗前に置いてあるので、好きなだけいただけます。

ヒノマルラーメン

トッピングは辛旨ダレ、ネギ、チャ-シュー、ゴマなど。

ゴマは自分でかけました。

紅ショウガも1ついただきました。

スープはコクがあるのに意外とあっさり感じます。

粘度はほとんどなく、さらりとしています。

甘みを感じるスープ。

細ストレート麺は楽描製麺特製のもの。

加水率低めでパツンとした歯ごたえがあります。

博多豚骨ラーメンの麺のイメージ通りです。

博多の製粉メーカーから取り寄せた博多の製法で作られた麺なのだそうです。

途中で旨辛タレをスープに溶いていくと味が激変します。

これは辛いもの好きにはたまらないもの。

私基準ではありますが、けっこうな辛さでした。

チャーシューはしっとりとしたもので柔らかめです。

私も博多では何十軒もラーメンを食べてきましたが、すけっちのラーメンは本格的だと思いました。

今回は頼みませんでしたが、替玉を注文すると麺だけでなくいろいろ付いてくるようなので、次回は替玉も注文したいですね。

介っちのYouTube動画

介っちの営業時間、定休日など

店舗情報はこちら

最新情報をチェックしよう!