英国 ロンドン 旅行観光編 ロンドン その2 セント・ポール大聖堂

英国、ロンドンのセント・ポール大聖堂(St Paul’s Cathedral)に行ってみます。
途中でトイレを発見したので、試してみることに。
956.jpg
20ペンスコインを入れると開きます。
957.jpg
955.jpg
確か10分で強制的に扉が開いてしまうので注意です。
セント・ポール大聖堂(St Paul’s Cathedral)は1666年のロンドン大火の後に建築家クリストファー・レンにより再建されました。
959.jpg
964.jpg
チャールズ王太子とダイアナ元妃の結婚式が行われた場所としても有名です。
入り口で入場料を払い(大人£14.50)、無料音声ガイドを受け取ります。
あ、これi Podだ。
ちゃんと日本語版もあるので、係の人に言えば大丈夫。
先のほうには聖歌隊席があり、上を見上げるとめまいがしそう。
どうやって作ったんだろ?と思われるほど豪華な装飾があちらこちらに。
中は撮影禁止なので、画像はありません。
正直、ここまで感動するとは思っていませんでした。
これは死ぬまでに是非一度は見ておきたい場所かと。
そして、階段を上のほうに上がっていきます。
かなり狭いところがあったり、階段が急だったりします。
全て階段で上がっていくと、途中で素晴らしい景色が待っていました。
966.jpg
967.jpg
969.jpg
971.jpg
974.jpg
こちらは撮影OK。
更に最上階に行くのにまた30分ほど並ばないとなりませんでした。
正直、かなり疲れるので、体力のない方にはお勧め出来ません。
階段は全てで530段。
988.jpg
987.jpg
983.jpg
こちらは狭くて混雑しているので、あまり長く立ち止まって写真を撮ったりしていると、注意されます。
地下には、建築家クリストファー・レン自身の墓もあります。
いや~、素晴らしい体験でした。
ちなみに、こちらのセント・ポール大聖堂(St Paul’s Cathedral)の鐘の音ですが、トッテナム・コート・ロード駅付近でも聞こえたので、すごく大きな音でしたね。
そこからミレニアム・ブリッジを渡り、テート・モダンに(国立の近現代美術館)向かいます。
989.jpg
入場料は無料(寄付歓迎みたい)
振り返るとこんな感じ。
991.jpg
最上階のカフェコーナーからの眺め。
992.jpg
995.jpg
中はかなり広く、芸術に興味がない方が全部見るのはけっこう厳しいかと思われます。
気になったものだけ写真撮ってみました。
998.jpg
999.jpg
1001.jpg
ピカソさんの作品もあったり。
001_20110904201115.jpg
003_20110904201115.jpg
004_20110904201114.jpg
005_20110904201114.jpg
次の目的地へ歩きます。
かなり疲れたところでアイスクリーム屋さんを発見。
007_20110904201114.jpg
どろ濁りのテムズ川をバックに(笑)
ステキな雰囲気です。
013_20110904205258.jpg
川向こうも素敵。
010_20110904204445.jpg
014_20110904204445.jpg
015_20110904204445.jpg
こんなところでゆっくりしたい。
017_20110904204444.jpg
橋の下をくぐって進むと、ゴールデンハインド号が見えました。
018_20110904204444.jpg


こちらがサザーク大聖堂。
022_20110904205257.jpg
建設中のタワー。何タワー?
023_20110904205257.jpg
こちらはヘイズ・ギャレリアという商業施設。
025_20110904212704.jpg
026_20110904212703.jpg
027_20110904212702.jpg
テムズ川にはHMSベルファスト号(HMS Belfast)。1936年建造の巡洋艦になります。
024_20110904212704.jpg
028_20110904212704.jpg
現在は現役を引退し、内部まで見られます。
ロンドン市庁舎(Greater London Authority‎)。
032_20110904212901.jpg
変わった形ですね。
031_20110904212901.jpg
さあ、今からタワーブリッジ(Tower Bridge)に向かいます。
まずは渡る前。
034_20110904212900.jpg
036_20110904212900.jpg
037_20110904212900.jpg
現在は1日2,3回しか橋が上がることはないそう。
038_20110904213134.jpg
渡っていくと、細かいところまで実に綺麗なのが分かります。
039_20110904213134.jpg
040_20110904213133.jpg
上を見上げると、壮観ですね。
041_20110904213133.jpg
042_20110904213133.jpg
043_20110904214427.jpg
いやはや素晴らしい。
本当に素晴らしい。
世界一美しい橋というのが実感出来ました。

最新情報をチェックしよう!