ゆかわ食堂 伊豆市修善寺 昭和レトロ食堂でラーメン黒米チャーハン

静岡県伊豆市修善寺町のゆかわ食堂

伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から車で7分、温泉でも有名な観光地修善寺のど真ん中にある食堂。

目の前は桂川、桂川にかかる赤い虎渓橋、その向こうには筥湯、独鈷の湯があり隣が修善寺という好立地。

修善寺という寺があるとは知らなかったのが恥ずかしい。

土産物店も多く観光客が多数歩いている場所。

車で向かうと道路が狭い場所があるので、注意が必要です。

1961年創業なので、今年で60年目。

かなりの老舗です。

駐車場は店の横に2台分くらい。

外観はノスタルジックな感じでそそられます。

店頭には魚が泳ぐかめや、植物がが多数置いてありました。

癒されますね。

店内は昭和の食堂という雰囲気。

ご夫婦と思われる年配の方2人で営業中。

通し営業なのがありがたい。

カウンター席とテーブル席、座敷席がありました。

熱帯魚や金魚の水槽が多数あり、待っている間も癒されます。

空いていれば窓側の席に座るのがおすすめ。

外の景色も見えますしね。

お客さんは観光客がほとんどかと思いきや、地元の方も結構来るようです。

ラーメンなど麺類がメインですが、餃子やカレーライス、チャーハン、丼物、スープなどがあります。

支那そば 700円+黒米チャーハン850円

ラーメンのトッピングはネギ、のり、メンマ、チャーシューなど。

スープは昔ながらの鶏など動物系の醤油味。

油もそんなに浮いていなく胃に優しい味わい。

食べるとホッとする味。

中太ちぢれ麺は予想とちょっと違いました。

弾力がありツルツルシコシコとした食感。

縮れ具合がけっこうなもので、こういう麺好きなんですよね。

色はかんすいの黄色で昔ながらっぽい。

チャーシューは脂の部分が少なく噛み応えがあります。

さっぱりしていておじさんにはこれくらいがいいですね。

チャーハンは黒米入り玄米チャーハンになります。

色は真っ黒で、たまご、にんじん、ネギ、玉ねぎ、タケノコなどが入っています。

真っ黒いチャーハンといえば、京都の新福菜館、静岡県だと富士市のラーメン井出などでも食べられます。

真っ黒チャーハンとノスタルジックラーメン 井出 静岡県富士市

ですが、こちらのチャーハンは醤油黒さではなく米の黒さなので味が全く違いますね。

黒米は地元修善寺の名産品だそう。

滋養強壮・胃腸を丈夫にし造血作用があり、他の米と比べてたんぱく質、ビタミンB1、B2が多く含まれていることから健康食品として人気があるそうです。

一粒一粒がやや硬めでで噛み応えがあるもの。

ややしょっぱめで素朴な味。

体にも良さそうな感じ。

普通の中華料理店のチャーハンを期待しているとちょっと違うものですが、これはこれで美味しい。

47都道府県で色んなラーメンやチャーハンを食べてきましたが、こんなチャーハンは初めて見ました。

修善寺に観光に来たらお店の歴史ある雰囲気と、黒米チャーハン、是非味わってみてください。

ゆかわ食堂の営業時間、定休日、駐車場など

関連ランキング:定食・食堂 | 修善寺駅大仁駅牧之郷駅

最新情報をチェックしよう!