真海 静岡市葵区七間町 本当は教えたくない究極の煮干ラーメン

静岡市葵区七間町の麺匠真海(しんかい)

JR東海道線静岡駅から徒歩10分、青葉公園シンボルロードの近くにあるラーメン店。

以前麺屋suguha(スグハ)というラーメン店だった場所にあります。

以前来たことがある焼き鳥鳥左衛門(ちょうざえもん)という居酒屋が2階にあります。

麺屋suguha は以前池田にあったけんちゃんというラーメン店が移転して名前を変えて営業していたんですよね。

それ以前は刀削麺のお店があったりと入れ替わりが激しい場所になります。

近くには麺屋やまもと、きじ亭などいくつかラーメン店があり、最近では居酒屋さんが昼間ラーメンを提供しているところも多いです。

なかなかの激戦区です。

店内は黒と白を基調とした落ち着いた雰囲気。

カウンター席とテーブル席があります。

厨房内には男性の方が2人いました。

入って左側に券売機がありました。

イスがお洒落な感じです。

真海(しんかい) のメニュー

中華そば     750円

背脂煮干し    950円

煮干し      750円

追いさば     900円

冷やし淡麗煮干  900円

が主なラーメンのメニュー。

サイドメニューは真海丼、チャーシュー丼、ネギ丼など。

和え玉もありました。

ランチタイムでお得なメニューというのは特にありませんでした。

なお、ばつじるしになっていたものもありましたが、プレオープンなのでメニューを絞っていたようです。

一部言っている値段と違う部分もありますが、訪問時プレオープン価格になっているものもありました。

真海(しんかい) の 背脂煮干しラーメン

トッピングは紫玉ねぎ、ばらのり、チャーシュー、白髪ねぎ、メンマ、三つ葉、柚子など。

スープには細かい背脂が大量に浮いています。

一口飲むと最初しょっぱいかなと思いますが、徐々に慣れてきます。

九十九里産のカタクチイワシを大量に使っていて、キレのある味わいになっています。

お店の説明によると、苦味×えぐ味=旨味になるのだそう。

背脂の甘みも感じられます。

煮干の美味しさも十分出ていますね。

誰が食べても煮干の美味しさを感じることが出来ると思われます。

このわかりやすさがいいですね。

セメント色したド煮干というわけではないですが、煮干が苦手な方は控えてくださいと書いてあります。

細ストレート麺は加水率低めでややパツンとしたもの。

時間がたつにつれてスープを吸っていきます。

新潟でよくみられる背脂煮干ラーメンにはばらのりがけっこう入っています。

アベズにも背脂煮干ラーメンがあるんですよね。

私の大好きなメニューです。

この組み合わせは最強です。

ネギや紫玉ねぎはシャキシャキ感があり、いいアクセントになっています。

チャーシューは柔らかくて表面が炙ってあり、ジューシーで香ばしさもあってとても美味しい。

途中で忘れた頃に柚子の皮が口の中に入ってきて清涼感を感じます。

鷹匠町には麺屋日出次というほぼ煮干ラーメンの店もあるので食べ比べが面白いと思います。

何度もラーメン店が入れ替わっている場所なので、長く続いてくれるといいですね。

麺匠真海(しんかい) の営業時間、定休日など

お店の駐車場はありませんが、近くにコインパーキングがあります

〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町10−11 渥美ビル 1F

月~土 10:00~14:30(LO14:00)、17:00~21:30(LO21:00)

日   10:00~ 21:30(LO21:00)

最新情報をチェックしよう!