全国レベルのつけ麺 湯河原飯田商店@ららぽーと沼津

ららぽーと沼津の湯河原飯田商店

JR東海道線片浜駅から車で9分、沼津駅からはららぽーと沼津行きのバスも出ています。

飯田商店は以前ガキ大将というラーメン店「現在のしあわせ中華そば食堂にこり」の場所で、お店の定休日に別暖簾で提供していたラーメンやつけ麺がとんでもなく美味しいと評判になり、その頃から食べに行っていました。

やがて全国区の人気になり、東京ラーメンオブザイヤーTRY大賞3連覇を果たし、情熱大陸にも出たお店なのです。

あまりにも行列が激しくなりすぎて現在インターネットの予約サイトを通さないと食べられなくなっています。

そんな神奈川県の湯河原町にある私が日本一だと思っているラーメン店飯田商店がららぽーと沼津のフードコートに出店しています。

日本一美味しいフードコートのラーメンだと思っています。

もうすぐ2周年になります。

麺やスープは神奈川県湯河原町にあるらぁ麺飯田商店から運ばれています。

開店1周年の時に限定販売されたつけ麺が、多くの人から再販希望の要望があり期間限定で復活するということで食べに来ました。

この日は店主さんもいらしていて、久しぶりにお会いしたので話も出来ました。

というか、厨房内から私を見つけると「あ、静岡人さんきた~」と先に言われちゃいましたから(笑)

「私の中ではすする君と同じポジションだと思っています」とのこと。

これっていじられてます?

予約が取れたらまた湯河原町のお店でまた動画撮らせてくださいと許可もいただいちゃいました。

湯河原飯田商店の訪問時のメニュー

醤油らぁ麵      900円

醤油チャーシューメン 1200円

担々麺        1050円

プレミアムしゅうまい 450円

期間限定つけ麺    1300円

※1日の限定数は80食(土日祝は100食)

など。

私は全部のメニューを何回も食べています。

湯河原飯田商店のつけ麺

通常のラーメンと比べ、提供にやや時間がかかります。

薬味としてすだち、梅カツオ、塩、わさびなどが付いてきます。

つけ汁は醤油の風味が上品に感じられ食欲をそそります。

鶏の美味しさがよく出ています。

昔の飯田商店のつけ麺のような感じもして懐かしい。

自家製麺はけっこう量が多めで、ドゥルンドゥルンの昆布水に浸かっています。

まずは麺をそのままいただきます。

ネットリした昆布水が麺によく絡み、麺自体の小麦の風味を引き立てています。

麺だけでも全部食べられそうなほど旨いです。

そして麺に塩をつけていただきます。

これもまた美味しすぎる食べ方。

麺自体の美味しさがよく分かります。

わさびも麺につけていただきます。

これもまた美味しい。

これだけでも大興奮ですが、さらにつけ汁につけていただきます。

麺をかむとつけ汁と麺の美味しさが口の中で合わさり、また違った世界が広がります。

梅カツオもいいアクセントになります。

昆布水がつけ汁に加わっていき、味の変化が面白いです。

チャーシューは柔らかくてとろけるような美味しさ。

これもメッチャ美味しいです。

途中で柑橘をつけ汁に絞るとさっぱりとした酸味が加わりこれもまた面白い味の変化なんですよね。

麺を食べ終わったらつけ汁に残った昆布水を入れて完食。

ほぼつけめんの美味しい食べ方指南書に従っていただきました。

この指南書に書いてありますが、食べ方はお客様の自由とのこと。

こんなに食べ終わった後満足感があるつけ麺ってなかなかないですよね。

最後に友達に教えるということで、YouTubeで紹介させていただきました。

提供期間などはお店のtwitterなどで情報を確認してください。

お店のtwitterはこちら

湯河原飯田商店のYouTube動画

湯河原飯田商店の営業時間、定休日など

関連ランキング:ラーメン | 片浜駅

最新情報をチェックしよう!