アツアツトロトロラーメン たきふくのなすそば 静岡市駿河区

静岡市駿河区大和町のたきふく

JR東海道線静岡駅より車で5分、南幹線沿いのジャンボエンチョーの隣にあるラーメン店。

ジャンボエンチョーは静岡では知らない人はいないだろうという地元のホームセンターです。

風風ラーメン→太龍(たいりゅう)→たきふくになりました。

店主さんは今は閉店したファミリーレストラン桃園(ももぞの)で料理長をされていた方になります。

清水区にあるちゅうかなかむら家のなすソバも桃園からレシピを受け継いでいます。

お店につくと店内満席でウェイティングボードに名前を書いて待ちました。

車のナンバーを書いておけば呼びにきてくれます。

30分くらい待ったかも。

すごい人気です。

お客さんは若い人から年配の人まで幅広い年齢層になっています。

店内はカウンター席とテーブル席、小上がり席などがあります。

もともと広い店内ですが、こんなご時世からかさらに余裕を取った他のお客さんとの間隔になっていました。

以前のお店の時は大量の漫画本が置いてありました。

たきふくのメニュー

ラーメンの主なメニューはなすソバ、

四川そば、やさい担々麺、やきそば、なす丼など。

清水の人気ラーメン店なかむら家でも食べられる

なすそばがあります。

では、なすそばを注文。

お客さんの半分以上がなすソバを食べているような感じでした。

たきふくイチオシのなすソバ

なすソバはとろみがついていてアツアツです。

特になすはタップリ入っていて一気に食べるとやけどしてしまう熱さ。

なす1本分くらいはいっているのだろうか。

他豚肉、しいたけ、たけのこ、ほうれん草などが入っています。

スープのベースは醤油味で鶏ガラでしょうか。

なすが油を吸ってじゅーしーなのですが、たけのこはコリコリとした食感があります。

特になすがアツアツです。

ナスに比べれば麺や他の物の方がまだ熱くないのでナスはあとで食べるようにします。

豆板醤の辛さでしょうか、辛さは後からジワジワきます。

清水のちゅうかなかむら家のなすソバはかなり甘口ですが、こちらはそんなに甘くありません。

甘さの辛さのバランスが絶妙な感じです。

細ストレート麺にトロトロアツアツのスープが絡むので、こちらも一気にすするとかなり熱いです。

加水率はやや低めと思われますが、食べるのに時間がかかると思われるらーめんということで、伸びにくいよう計算されているのではと思います。

アツアツすぎて早くすすれないので食べ終わるまでにけっこう時間がかかるラーメンです。

でもこれ定期的に食べたくなるんですよね。

本当にクセになるラーメンです。

ご飯を頼んでご飯と一緒に食べたら美味しかっただろうな、次回は頼んでみます。

清水駅前にあったファミリーレストラン桃園の名物だったなすソバが受け継がれて今でも食べられることに感謝です。

ちゅうかなかむら家とたきふくのなすソバ食べ比べは本当に面白いですよ。

たきふくの営業時間、定休日など

関連ランキング:ラーメン | 春日町駅音羽町駅日吉町駅

最新情報をチェックしよう!